阪急電鉄株式会社は、明治40年(1907年)の創立以来、鉄道沿線の宅地開発と観光・文化施設(社寺・大学・宝塚歌劇等)の誘致と創設を通じて、沿線定住人口と鉄道利用者の増加を実現してきました。更に、私鉄最大級のターミナルである阪急電鉄梅田駅を中心に、百貨店をはじめとした商業施設、オフィスビル、ホテル及び劇場等からなる街づくりを行い、人の流れを作りだしてきました。

阪神電気鉄道株式会社は、100年余りの永きにわたり、鉄道事業を中心に社会的な貢献を果たすとともに、阪神百貨店、ハービスOSAKA、ハービスENT等の梅田エリアの開発や阪神タイガースをはじめとするレジャー事業等にも経営資源を投入してきました。

平成18年(2006年)10月、阪急電鉄グループの持株会社である阪急ホールディングス株式会社と阪神電気鉄道株式会社は、約100年にわたる互いの歴史や企業風土を尊重し合いながらも戦略的な方向性を一つにし、持続的な成長と発展を実現するため、阪急阪神ホールディングス株式会社を共同の持株会社とする経営統合を行いました。これにより、阪急電鉄株式会社、阪神電気鉄道株式会社、株式会社阪急交通社、株式会社阪急ホテルマネジメント(現 株式会社阪急阪神ホテルズ)の4社を中核とする阪急阪神ホールディングスグループが誕生いたしました。(注)
【阪急阪神ホールディングスグループポータルサイトへ】
(注)現在は、上記の会社に株式会社阪急阪神エクスプレスを加えた5社を中核とするグループになっております。
プライバシーポリシー金融商品取引等に関する相談窓口のご案内